猛毒日記

ギタリスト、大高ジャッキーのブログ

PORTASTUDIO 424

ブログ引っ越しました。

 

SNSでお世話になっているaonboさんの影響でHatenaにしました。

aonboさんにはオーディオブック「猛毒日記」のレビューも書いてもらってます。

aonbo.hatenablog.com

みなさんはMTRというものをご存知だろうか?マルチ・トラック・レコーダーの略で、多重録音機のことです。

写真で見るとこんな感じ。

f:id:jackyjapan:20171017013032j:plain

実はこれ2代目なんだけど(1代目は壊れて処分した)、TASCAMのPORTASTUDIO 424と言う型番です。カセットテープを使って録音していくんです。

カセットテープにはA面とB面があり、各面にステレオのLとRがあるので、合計4チャンネル録れると言う仕組み。

今ではこんな使い方をする人もいるみたい。

youtu.be

これは各チャンネルに違う和音を録音しといて、フェーダーで操作する。このPORTASTUDIOは音質の向上を目的としてテープの回転数を倍にしたり(遅くも出来る)出来るので、それもプレイしてるよね。また、EQのつまみも直感的にいじってる。Brian Enoの「An Ending」はこうやって作ってる。

youtu.be

自分が使っていた時の録音方法は、4チャンネルの2チャンネルにギターを2本重ねて、残りの2チャンにまとめて録音。空いている余った2チャンにもう2本重ねると言う方法でやっていた。合計6チャン録れるわけ。これを専門用語で「ピンポン録音」と言う。

 

もっと凝ってくると、3チャンにギターを重ね、残りの1チャンにまとめ、余った3チャンの2チャンに重ね、余った1チャンにピンポン録音すると言う方法も使っていた。

 

4チャンネルのミキサーが余っていて、ステレオのAUXも2系統あるから、ピンポン録音しながら同時にギターを重ねちゃうなんて技も。使い倒したな~。

 

また、TASCAMから別売のMTS-30を使って1チャンにMIDI信号を入れてシーケンサーとの同期もしていた。

f:id:jackyjapan:20171017024803j:plain

YouTubeを見てると、どうやらエンドレス・テープを作ってそれでフェーダー他の機能を使っての演奏が多い。エンドレステープの作り方は:

youtu.be

夢があっていいではないか!自分はつい最近、昔のエアチェック・テープ起こしの際に90分のテープでデッキが壊れていたため巻き戻しをしたらテープがふにゃふにゃになりケースの上と横に上限達してこれ以上巻き戻しが出来ません、と途中で止まってしまった時に、テープの中身を開けて切り貼りしましたよ。

3台のウォークマン、エフェクトとミキサーでの演奏はこちら:

youtu.be

親指ピアノはどうやって音を拾ってるのか?ピックアップ付き??

youtu.be

Abelton LIVE!のブレイクビーツプラグイン(フィルター系)を使ったプレイ:

youtu.be

Monotronを使ったプレイ。そうか!録音のスイッチはフットスイッチがあったのか!今売ってないだろうな…。

youtu.be

これなんかも424ではないが、音も分厚くて良いんでねーの?Buddahstick Transparentとかこう言う方法でアンビエント作ってんのかな???

youtu.be

なんにでも言えるけど、本当アイデア勝負なんだな、と思う。

自分もそのうち作ってみるので、よろしく。このブログも更新していくので、みなさんよろしく!

youtu.be

以上、青春を共にしたTASCAM PORTASTUDIO 424でした。